ブログ
blog

Home > BLOG | グランドシェフ極秘レシピ > 2時間ドラマ制作の話

2時間ドラマ制作の話

函館の展望台で2時間ドラマの撮影を無事終了しF. W. に戻ってたので少々撮影のエピソードを。

11月中旬から準備をはじめ、12月1日から14日の間で撮影をしてきました。順調に撮影は進み終盤に函館で一泊し、ラストシーン…言うならサスペンスお決まりの「崖の上」みたいなところで一日中撮影してたんですが、寒かった!!走りまわったのに寒かった!!
岐阜で真夏の焦げるような暑さを体験して今度は極寒。。。

さすが函館。
俳優部さんも防寒対策で大変な事になってました。
待ってる間、テスト中はモコモコ着ぐるみ着てるみたいでした。

主役の寺島進さんはテディベアのような格好しながら「サスペンスって大変だね~」なんて言ってたな。
確かに、サスペンスじゃなきゃこんな長いシーンを風が吹き荒ぶような場所でやらないよな。

スタッフも防寒対策バッチリで、みんなモコモコ。照明部の技師さんなんか「着込み過ぎて股下がなくなった」なんていう状態。

みんなスキー場に入るような格好で無事全編終了を迎えました。

公開は来年の春の予定。

私や「ふるさとがえり」チーフ助監督もエキストラで映っていますので良かったら見てくださいね。函館の妖精 冬